SPD研究会(Supply Processing and Distribution)

概要

あゆみ

 平成11年2月9日付けにて(株)メディケア情報研究所が世話役となり、物品管理業務に携わる約60社のSPD関連業者に対して、横断的な意見交換・研究の場としての(仮称)SPD研究会開催を呼びかけた結果、平成11年3月17日に21社34名の参加により、第1回SPD研究会が開催されました。
その後、準備会社6社による検討、第2回〜第4回の研究会において目的等の検討を経て、平成11年11月第5回研究会において総会を開催し、会則の承認、理事選出等を行い、正式にSPD研究会(第1期会計年度:平成11年6月1日〜平成12年5月31日)が発足しました。
 研究会としては、SPD業務に携わる各社が情報不足・足の引っ張り合いで収益性に苦しんでいるケースが多発している点を解消するために、サービス内容のレベルアップを図りSPDサービス業務の地位を高め、SPD業務に関する方針・戦略が各社各様のため会の目的を簡潔に「SPD業務の質の向上を通して、業界の発展に貢献する」とすることにより各社の意向を集約化し、趣旨・目的・運営方針・規則を設定しました。

特色

  1. 参加会員資格について
    SPD業務に関係する、あるいはSPD業務に取り組もうとする医療機関に対してサービスを提供する側の法人・個人の集まりとしました。
  2. 横断的組織作りの試み
    方針・戦略も異なる様々な業態の会社が、果たして同じ目的をもった横断的な組織を形成できるかを問うたものですが、参加会員の理解と協力で継続運営されています。
    業態別参加会社
    医療機器製造販売業者、医療機器販売業者、医薬品卸業者、流通・SPD業者、滅菌業者、医療事務業者、商社、システム・ソフト会社、コンサルタントなど
  3. 一人一言型、自主的・積極的参加型
    単なる情報収集を目的とした参加は認めず、ギブアンドテイクの精神で目的の達成と研究会の発展に努めるものとしています。
  4. 親睦・交流の場提供
    医療材料の物品・物流管理に止まらず、電子カルテ、院内物流管理、アウトソーシング業務の一本化などの流れに対応するためには、他業態の会社との意見交換、交流が不可欠な要素となってきています。

運営方針および運営規則 (SPD研究会会則第8条に基づく)

  1. SPD業務の質の改善向上を目的とし、研究会における活動を通し、その達成に努める。
  2. 各研究会においては、一人一言型とし自主的・積極的に参加・発言することを旨とする。
  3. 研究・発表テーマにつき、自己の状況を開示し、発表者・外部講師に参考となる材料を提供するように心掛ける。
  4. ギブ・アンド・テイクの精神で、ノウハウに係わる事項等についても、業務上に支障をきたさない範囲で、極力会員に開陳することに努める。
  5. 単なるSPD業務の知識・情報取得のための参加は認めない。
  6. SPD業務に携わっていない会員については、自己が知りうる、又会員の参考になる医療業界に関する知識・情報を提供し、この会の質の向上に貢献する。
  7. この会にて知り得た会員の情報・状況については、医療機関に対する営業ツールとして利用することあるいは、会員以外のものに開示することを厳禁する。